WindFoiling

ウィンドサーフィンとフォイルに関するブログです。

今日はウィンドオンリー 12月なのに気温16℃ 体感は20℃

2019/12/14 逗子南風12m

今日はフォイルでは無く、ウィンドサーフィンです。到着した時はこんな感じで予報より早く吹き出しています。セイルサイズは5.0以下といった感じです。

f:id:nakarobo:20191215151847j:plain

風が上がる予報だったので、セイルはEZZYのELITE4.7m2を張り、12:30に出廷しましたが、風が直ぐに落ちてしまいました。

直ぐに上がって来るだろうと、沖までよちよち上っていって、待っていたんですが、風がなかなか戻ってこなかったのですが、14:00頃からまた吹き上がりました。

南からの風で結構強弱があって、葉山港では最大は16mだったようです。体感では12mと言った感じでした。

セイルサイズは一番強いときで4.7m2でジャストと言った感じでしたが、ボードがスピードの出ないフリスタボードでしたが、最高速度は35.7Km/hでした。やはり、フォイルよりはスピードが出ています。ウェイブボードならもっとスピードが出ていたと思います。

 

計測方法を間違って、ランニングで計測してしまったので、一番速かった時の速度が残念ながら記録されていませんでした。ランニングで計測してしまうと、1Km何分しか表示されません。

 

12月とは思えないくらいとても暖かかったのですが、あまりに人が多かったので、一番沖側で乗っていたのですが、浜からは全く見えなかったそうです。風がガスティ(強弱が激しい)で波があまりなかったので、スラロームからウェイブ、フリスタ、フォイルにウィングにスクールにSUPまでが狭い所で入り乱れていたので、ちょっと怖かったですね。それに冬になると逗子湾の真ん中に定置網が仕掛けられているので、どうしても浜側が混雑してしまいます。所属する艇庫の忘年会用の写真撮影があったのですが、怖すぎて浜近くには近寄れなかったです。

 

途中は最高

波も上がって来て、少し波に乗せる事ができたので、沖でも結構楽しめました。この時期にこの暖かさで乗れたので満足です。ウィンドのスピード感には最初はついていけませんでしたが、慣れてしまえば楽しめました。やはりフォイルに乗り初めてウィンドサーフィンにも上手に、優しく乗れるようになった気がします。ウィンドサーフィンでは、力づくで無理やり回していた所がありましたが、フォイルに乗るようになってから、ボードの角度を一定にして回したり、セイルのチューニングに気お使ったりできるようになりました。それともう一つフォイルにのってウィンドで変わった所は、上りが良くなったことです。フリスタなんて20cmのフィンなのですが、ボードをヒールさせてエッジを使って上げて行くことができるようになったので、ノンプレーニング状態でもかなり風下に上げて行けるようになりました。

 

おわりに
来週からは北風ベースに戻るようですが、暖かくて冬らしくスッキリ晴れ上がりません。冬至まであと一週間ですが、この暖かさはやはり異常気象でしょうか。もしかしたら年末までにあと一回、南風で乗れるかもしれません。

頼んだセイルが年内に届けば良いのですが、どうでしょうか。

 

おしまい